本文へスキップ

HF帯RFIDタグ用PRODUCTS



【自由空間】
金属が無い状態。
正常に通信できます。


【金属物に貼付】
金属面に磁束が貫通すると、
それを打ち消す方向に磁界が
発生してしまいます(渦電流)。
こうなると通信出来ません。


【磁性シート挿入】
磁性シートを挿入すると、磁束は磁性シート内に集束し、 磁束の打ち消しが軽減されるので、通信可能となります。

磁性シートの効果

HF帯RFIDタグ用磁性シートは、通信に利用する13.56MHzにおいて、複素比透磁率実数部μ’を大きく、損失となる複素比透磁率虚数部μ’’を小さく設計した材料です。13.56MHzにおいては損失が小さくて電波吸収体とは異なりますが、高周波数帯域(例えば数百MHz以上)では電波吸収体としても利用可能です。 ロングレンジR/Wを用いて、自由空間で約35cmの通信距離が得られているカードサイズ(76×45mm)のタグを、金属に直接貼付すると通信不可となりますが、金属とタグの間に磁性シートを挿入すると、約12cm以上まで通信可能となります。

(透磁率特性のチャート)

ER系磁性シート

【特徴】

・複素比透磁率μ’=40
・使用周波数例:〜13.56MHz
・ハロゲンを含んでいません

ER系磁性シートは、EPDM(エチレン・プロピレン・ジエン共重合体)と扁平状の軟質磁性体粒子に構成された磁性シートです。13.56MHzより低い周波数帯域にて、損失となる複素比透磁率虚数部μ’’を小さく設計し、磁界成分を減衰させないよう考慮しています。

製品品番 X-ER-88
対応周波数(MHz) 〜13.56
ポリマー EPDM
フィラー 扁平状軟磁性金属粉
厚み(mm) 0.1,0.2
標準シートサイズ(mm) 300×300
比重 3.7
体積抵抗率(Ω・cm) 106
環境対応 RoHS指令対応,ハロゲンフリー
難燃性 無し
使用温度範囲(℃) -40〜120

・複素比透磁率特性例